引越し代を少しでも安くする!

引越し代を節約したい人におすすめの方法や料金の相場などについて紹介しているページです。

長距離の引越しは料金も高いし日数がかかるのもネックです

長距離の引越しとなると、心配なのが料金とどのくらいかかるのかという点です。長距離と一言でいってもその間隔は様々ですが、100km以上の引越しを長距離と定義してみましょう。

100km県内であれば、その日中に引越しできるケースもほとんどですし、料金も高速道路などの運賃などがかかる場合は多少割増しになる程度。

例えば、300kmをこえてくるとその日のうちに引越しできないケースが多くなってきます。だいたい車で片道4〜5時間かかってしまうことが多いと思うので、家族などの引越しの場合は最短でも翌日に繰り越されるというシーンが多そうですね。

料金はトラックのサイズによって変わってきますが、荷物が多ければ4tトラック。2人暮らしなどは2tトラックなどに収まることが多いですが、それも運ぶものによって異なってきます。

運賃を計算すると、4tトラックまるまる使用して500kmの引越しであれば運賃だけでも6万円〜7万円という金額になってきます。その他に作業員の人件費などが上乗せされますので、家族での場合などであれば10万円をオーバーするということもザラでしょう。

500kmをこえると荷物の到着が翌翌日になるケースも

500kmがだいたい翌日到着の目安と言われています。それをオーバーすると、さらに1日かかるということも多いので注意が必要です。勝手に翌日に付くものだと思ってギリギリまで相談をしないでおくと、実際には日数がかかるということを知り焦ってしまう人も多いのです。

特に、引越し料金を安くしたい場合には「混載」という方法を取るケースがあると思います。混載ですと他の人の引越しの都合なども考慮して引越し会社は日程を組みますから、自分の希望とは少しずれた形になることが多いです。特に春先は融通が利かないことがありますので、都合の付く引越し会社を見つけるのも大切になってきますね。

長距離の引越しの場合、宿泊場所の確保もお金がかかる

2日間、あるいは3日間にまたがって引越しとなると、宿泊場所の確保も問題です。引越し搬入作業の前日にホテルなどを予約しておく必要があります。

家族などであればそれなりに金額がかかるので、引越し代は本当に節約した方がいいです。時期によっては、ホテルなどがいっぱいで料金も高いということがあるので、早めに引越しの日程を決めて、宿泊場所の予約も行っておく必要があります。春先などはそういった面でもいろいろと不都合が生じる可能性があるので、最低でも2ヶ月前には引越し会社に相談しておくのがいいでしょう。

Copyright (C) 2014 引越し代を少しでも安くする! All Rights Reserved.